円の装飾

診療のご案内

診療科

内科・胃腸科・消化器内科

検査のご案内

腹部超音波検査

検査用のゼリーを腹部にぬりながらプローブという丸い機械をお腹にあてて行う検査で肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓の状態を調べます。

検査は痛みはなく10分程度で終わります。

検査
胃

胃カメラ(上部内視鏡検査)

内視鏡カメラを口から挿入し、食道・胃・十二指腸までを観察する検査です。

異常所見があった場合は組織の一部を採取する検査を行います。

当院では

・経鼻カメラ(吐き気の原因となる根舌部を圧迫しない会話可能な検査)

・経口カメラ(のどの麻酔のみで行います)

・鎮痛剤を使用したカメラ(睡眠導入剤を使用)

を行っております。

ピロリ菌検査

胃がんのリスクが高いとされているピロリ菌の有無を調べる検査です。

当院ではピロリ菌の検査・除菌治療に力を入れています。

保険適用で検査・除菌を行うには胃カメラを行う必要があります。

大腸カメラ(下部内視鏡検査)

肛門から内視鏡カメラを大腸の一番奥まで挿入し大腸の中を観察する検査です。

胃カメラ同様、異常所見があった場合は組織検査を行います。

事前に下剤を服用していただきますので予約制の検査となります。

ただし、血便など急性の症状の場合は必要に応じて当日の検査も行います。

大腸 検査
心電図

心電図検査

心臓が正常に動いているか、不調はないかを把握する検査です。

ベットに横になり手首と足首、胸の数か所に電極をつけて行います。

検査にかかる時間は5分程度と短時間で終了します。

出力された波形を見ながら異常がないかを確認します。